帝塚山学園、奈良学園(郡山・登美が丘)など私立小・中・高に特化した個別指導の学習塾 『教育工房あ〜く』

トップへ

成績アップ・高い合格率の理由

『教育工房あ〜く』はどんな塾?

  • 生徒さんの声
  • 保護者さんの声

4時からの学校 『教育工房あ〜く』

学園前本部・教室
〒631-0036
奈良市学園北1丁目11番15号 
学園前ビル2階
TEL0742-53-7151
FAX0742-53-7150
お問合わせ・受付時間10:30〜19:00
 月曜日〜土曜日(日曜日休)

 

いろいろな面で成長することができたと思います!
弘前大学 医学部医学科合格 匿名希望

僕は中学2年生の時に、成績が激しく落ち込み始め、どこかいい個別指導の塾がないかと転々としていたところ、「あーく」を見つけ、岡田先生に出会いました。

その頃の僕は英語がほとんど分からなくなっていたのですが、僕のペースやレベルに合わせて、さらに、英語の本質が理解できるように、 とても分かりやすく教えてくださり、高1になる頃には英語は完全に苦手科目ではなくなっていました。

また、勉強以前に勉強法が分からなくなっていたのですが、とても丁寧にご指導下さり、脱落しついていけなくなっていた学校の授業にもついて行けるようになりました。

そして、その後も先生のご指導の元、最初は欠点を取っていた英語の成績を着実に伸ばすことができ、最終的には英語を1番の武器にできたおかげで、医学部に合格することができました。

岡田先生は単に授業をされるだけでなく、僕の性格なども考えてアドバイスをして下さり、いろいろな面でサポートして下さいました。

また、「あーく」はとてもアットホームで、楽しく通うことができ、いろいろな面で成長することができたと思います。さらに、受験の時もたくさん相談にのって下さり大変お世話になりました。岡田先生の元で学ぶことができてよかったと思います。本当にありがとうございました!

先生からのメッセージ

2年の浪人生活によく耐えて目指す医学部合格本当におめでとう!
先生も感無量です。
現役で受験するとき「医学部を受けることにしました」と言われて、心から「マジカ!」って思ったことを今でも覚えています。
そこまでの学力はないだろうと思っていたからです。(ごめんな)

彼は高校2年生のとき、お父さんが来られて「一般のサラリーマンでは、全教科を完全個別にすることができないので辞めさせてもらいます」と苦渋の決断をされました。
そのとき「何かあれば相談しに来てください」といったことを受けて、私に医学部受験を告げてきました。

浪人時代も何度か電話で話したり、食事をしたりしてコミュニケーションは取っていました。最終的な受験校を決めるときも、共通テストの結果を見せて相談に来てくれました。

弘前大を勧めたのは私ですが、今年の受験倍率が予想以上に上がったので、本当は3浪させるのではないかと内心焦っていました。
無事に合格してくれて本当に良かったです。長い寮生活になりますが、体に気を付けて国家試験合格を目指してください。

 

 

私はいける!ポジティブで考えると、合格確率はグ〜ンと上がると信じています。
近畿大学 医学部医学科合格 村田裕輔君

私は近畿大学の医学部に後期日程で合格しました。
大学受験を終えて、私が後悔したことや大事だと思ったことをいくつか述べたいと思います。

1点目は数学と英語を苦手科目にしないことです。
数学と英語は配点が理科と比べて高い大学が多く、数学と英語ができるとかなり他の受験生よりも憂位に立つことができると思います。私は数学が苦手で本番でも数学が取れずに落ちたので、英数で落とさないことが大学合格において非常に重要であると思います。また、 受験期に入ってから数学と英語で点数が取れていれば、大きな自信にもなると思います。 英語と数学は短期問で身につく科目ではないので、受験期に突入して焦って問題集や過去問をやってもあまり伸びません。数学や英語は早い段階から取り組むべきです。

2点目は量をこなすことです。
質の高い勉強を追い求めることは大事ですが、自分は質より量を重視して勉強したほうがいいと思います。 質の高い勉強をしても、時間が経てば忘れてしまいます。 私は最初、量より質を重視していましたが、 成績があまり伸びませんでした。しかし、質より量を重視した勉弛に切り替えると成績が伸びるようになりました。また、 量をたくさんこなすことは大きな自信にもなります。

3点目は体調管理です。
特に3年生にとって、授業に出ることができないことも休日がつぶれることも大きな痛手となります。また、受験当日に体調不良で受けられないのはこれ以上になく辛いことだと忠います。 私はその経験を一度しているのでその辛さが心身に答えました。体調を整えることは受験する上で、一番重要と言っても過言ではないくらい大切なことです。

4点目は最後まで諦めずにやることです。
このことは私が今回大学に合格した最大の要因だと思います。冒頭でも述べたように私は後期日程で合格したのですが、それまでの前期入試や推薦入試は4つとも不合格でした。前期試験が全て終了した時は後期試験しか残されておらず、その上後期試験の倍率は前期試験よりも高いので合格するのは厳しかったと思います。しかし、現役で絶対合格したいと思っていたので、最後まで諦めずに勉強しました。最後まで諦めずに勉強したことが、最後は合格に繋がったと考えています。

長くなりましたが、最後に一番必要なのは自信を持つことだと思います。ネガティブだと落ちますよ!とにかく、私はいける!とポジティブに考えてください。受かる確率はグ〜ンと上がると信じています。それではみなさんも合格勝ち取ってくださいね!

先生からのメッセージ

これほどまでに後輩のためにいろいろなアドバイスを書いてくれた卒業生は今までいませんでした。(本当のことを言えば、9年間もあ〜くに通ってくれていたので、少しはあ〜くへの感謝や思い出も欲しかったですが…)

裕輔君はこの文体にも表れているように、真面目を地で行く青年です。自分が決めた計画をコツコツと積み上げていくタイプ。
ときどき冗談やおやじギャグをかましても、反応が少しずれて来るという性格。他人を裏切るとか騙すといったことは生涯できないでしょう。

この彼が大事な受験期の最中にコロナに罹患しました。上にも書いてあるようにそこまでいくつかの入試で不合格だったので、その時の心境は想像を絶するぐらい苦しいものだったでしょう。

しかしものは考えようです。この自宅療養期間にもう一度初心に帰り、残された最後の機会に注力できたことが、かえって後期合格を勝ち得たと確信しています。(ある意味コロナも捨てたもんじゃない!) また、ご両親の支えもとても大きかったと思います。ご家族の皆様に合格おめでとうございますと心から申し上げます。

 

 

通っていた高校よりも学びが多かったです。
関西学院大学法学部 合格 戸田あすかさん

「あ〜く」は、あまり塾に通っているという感覚が無かったけど、確実に英語の成績も上がっていったと思う。
進学校だったため、学校から私立大学への志望を否定されたが、そのことをそのまま受け入れてくれたために、通っていた高校よりも学びが多かった。

何を勉強したいかを伝えたら直ぐに教材や指導方針など整った環境を用意してくださったので有難かった。 他校の生徒が多いため、同学年の人たちとはそんなに深く関わりは無かったけれど、みんな目標を持って勉強していたのを見てやる気が出てきたことも合格への布石だったと思う。

先生からのメッセージ

学校見学をして関西学院大学にいわば“一目ぼれ”をしたあすかさんでした。学部を問わず何としてでも関学に入りたい一心で勉強を続けていました。
この熱い思いが合格を勝ち得たと思います。授業をするたびに英語が好きになっていくのが、毎週の取り組み方から伝わってきました。

今は海外大学への留学という憧れを持っています。好きなこと、やりたいことへの強い思いを持てば夢は叶うという今回の経験を活かして、これからも頑張ってください。心から応援しています。

 

 

継続は力なり
大阪公立大学 医学部医学科合格 山崎頌人君

僕が最初に「あ〜く」に入塾したのは小学5年生の時でした。
小学生の間は岡田先生に算数や理科の間違い直しや分からないところを軽く質問する程度でした。 そして大阪星光学院に入学した後は岡田先生の英語の授業をとり、中1から高3の共通テスト1か月前まで約6年間教わりました。

中1から高2の春までは学校の勉強を補助することを目的に、文法や長文読解・構文解釈を教わりました。その時点で英語は比較的得意科目になっていたので、高2からの授業は受験対策にシフトしていきました。

国公立医学部志望だったので国公立の問題に形式が類似している私立の入試問題からはじまり、3か月程してから地方国公立大学の問題を解いていきました。

自分が受ける可能性がある大学の問題は、直前対策としてある程度残しできるだけ多くの問題に挑戦しました。このおかげもあり受験前には英語がかなり得意になっていました。

英語と同様に、僕は数をこなして解きまくるスタイルでどの教科も勉強をしていました。受験勉強はこの方法がほとんどの人にとって最適だと思います。

塾・予備校や「あ〜く」で新しいことを学び、既習内容を補足したあと、自分で数多くの問題を解きまくることで成績を各段に上げることができました。「あ〜く」に通い続けたことで志望校合格に大きく近づくことができたと思います。

小学校から教わり続けた“おかっち”(そう岡田先生を呼んでいました)、いつも話をしてメンタルケアをしてくれた“ばんばん”(そう広芝先生を呼んでいました)、数学の質問などを聞いてもらった三上先生、本当にありがとうございました。

ひたむきに続けることが志望校への最大の近道です。
後輩諸君!めげずに頑張ってください。

先生からのメッセージ

小学生のときから足掛け8年間も通ってきてくれていたので、塾生というより家族の一員のような存在でしたね。頌人君の一番の印象は、一つのことをやり始めるととことん突き詰めてやり切る点です。

例えば、共通テストのために世界史を完成させるとなると、他教科の勉強をしながらでも3か月ぐらいで1周し、それなりに完成させるコスパの高さです。このことを本人は「僕は数をこなして解きまくるスタイル」と上述していますが、数の多さもさることながら、1つの計画をとことんやり切る根性(?)だと感じていました。

この粘り強さが身上ですから、これを礎にして次は医師国家試験に向けて努力を続けて下さい。もちろん学生生活もおおいにエンジョイして。本当に合格おめでとうございました。

 

 

京都大学 薬学部 合格
匿名希望

私は高3の4月から「あーく」に通いました。 元々、英語はそれほど得意ではありませんでしたが、岡田先生の和訳や英訳の添削のおかげで、合格に向けてその時点での足りないところを埋めていくことができました。

先生との授業では、知ることの楽しさを感じていました。特に先生の人生経験にもとづく話は、とても興味深くて、自由英作文の内容にも活かすことができたと思います。

受験本番では、今まで「あーく」で勉強してきたことをそのまま出し切ることができ、無事に合格となりました。岡田先生にはとても感謝しています。

先生からのメッセージ

とにかく頑張り屋さんでした。東大京大系の大手予備校に通いながらも、毎週京大過去問1年分、自由英作文4問、下線部和訳2問をコンスタントにこなしていました。

おかげで私が所有していた自由英作文のストックがなくなり、新たに作成しなければならなくなったほどです。これで英語が伸びないはずはありません。

しかも夜10時半から11時まで、不明な点は疑問を解決しようと食い下がっていました。男子といえどもここまでやり抜く生徒はそんなにはいません。ただただ頭が下がる思いです。

でも、性格はとても素直で伸びやかな生徒さんです。
好奇心もありますから今後の人生が楽しみですね。
いつまでも直向きな頑張り屋さんを続けて下さい。合格おめでとうございます。

 

 

夢は自分で掴むものです。君は必ず夢を実現出来る!
麻布大学 獣医学科 合格 尾崎悠志君

僕がこの塾に通うきっかけとなったのは、中高と仲が良かった友達が通っていたからです。当初1年目で合格すると思っていたのですが、苦手な英語は勉強すればするほど受験レベルに達していないことが明らかになってきました。このため、岡田先生の英語の指導を受けることにしました。

しかし、自信のあった理数系科目もあまり伸びず、模試を受けるたびにモチベーションが下がる一方でした。結果一浪では箸にも棒にもかからず全滅でした。
そこから1年、周りはみんな合格し自分だけが取り残されてしまった喪失感から、やる気も出ず何をしたらいいのか迷走していました。「あ〜く」に来るのが唯一の心の拠り所だったと思っています。

先生と生徒の距離がたいへん近く、アットホームな雰囲気で岡田先生や広芝先生に色々な話を聞いてもらい、気を取り直して全教科を基礎からやり直しました。
成績は少しずつ上がっていき、英語も全く読めない状態から何となく話は掴めるまでなり、それに合わせて数理科目も知識が深くなっていきました。それでも結果は、途中の挫折期間もあり全滅でした。

三浪目は何故か気持ちも楽になり、他学部も受験をして本命の獣医学部はダメでしたが、取り敢えず大学生になることはできました。1年間大学には通ったものの、コロナもありいろいろ考えた末に、やはり獣医学部への想いは捨てがたく、再受験の結果ついに獣医学部の合格を勝ち取ることが出来ました。

もし今、夢があるのに学力がないからダメだとか、そんな夢のような話は現実的でないよとか、いろんな人に周りから言われて志望大学希望学部を諦めようとしている人がいるなら、絶対に諦めないで欲しい。

やり遂げずに止められるくらいなら方向転換も仕方ないでしょうが、諦めたくないなら是非とも頑張って欲しいと思います。夢は自分で掴むものです。僕にも出来たのだから、君は必ず夢を実現出来る!

先生からのメッセージ

彼が最初の大学入学試験を受験してからもう4年になります。
仲の良かった友達はこの4月から社会人になります。そうした中で、とうとう来た合格通知に心から良かった!と思います。

ひとえにこれは彼自身が述べているように、自分の夢に拘り続けてきたからに他なりません。機を見て敏なところがない、コツコツと一歩一歩足を踏みしめるタイプの悠志だからこそなし得た金字塔です。

また、こうした彼の思い(我儘)を陰ながら支え続けた尾崎家・家族の変わらぬ愛にも頭が下がります。特にお母さんのわが子の「力」への信頼感は何物にも代えがたいと思っていました。本当におめでとうございます。

いずれ動物病院でも始めることになるでしょうが、彼の温かい優しさが動物たちにもその飼い主にも届いて、ホンワカとした雰囲気の病院になることは間違いないと確信しています。

 

 

嫌いな科目だった英語が好きな科目に変わり、どんどん点数が上がっていきました。
同志社大学 理工学部 情報システムデザイン学科 合格 川本真衣さん

私は将来これがしたいという夢がなかったため、定期テストを頑張ることで大学進学の選択肢を広げることにしました。私は、高校1年生の時から定期テストの2週間前にto doリストを書き、それをひたすら守るようにしていました。バトミントン部の活動が終わってからそのまま「あ〜く」に向かい、夜の10時までテスト勉強を主にして帰っていました。


「あ〜く」に入るまでは、定期テストに出る部分だけを丸覚えする勉強法でした。そのため模擬試験や実力テストで点数が上がらなくて悩んでいたところ、岡田先生にまず勉強の仕方を教えてもらいました。さらに英語の基本を隅々まで指導してもらい、授業の前に先生手作りの単語テストを行い、定期テストも丸暗記する勉強法から文法を理解する勉強の仕方に変わっていき、嫌いな科目だった英語が好きな科目に変わり、どんどん点数が上がっていきました。

あ〜くに自習しに行くとアットホームな雰囲気で迎えてくださり、また、授業の合間も数学の三上先生が忙しい中、突然の質問にもかかわらず理解するまで詳しく教えてくれました。
あ〜くの先生方、長い間お世話になりました。本当にありがとうございました。
これからは自分の夢を見つけて頑張っていきたいと思います。


先生から一言

真衣ちゃん合格おめでとう! お姉ちゃんと連れ立ていつも学校帰りに来てくれましたね。君がやや大きめの字を、ひたすら裏紙に答えを書いて覚え込む姿が今でも忘れられません。そしてもう一つ、真衣ちゃんの明るい笑顔。ときには怒ることも、泣くこともあったけど、学校などで起こったことをよく話してくれました。最後にはいつもの笑顔に戻って。

無事合格できても、大学はそんなに甘いところではないから、初年度から着実に勉学を進めてください。そして、将来の夢ができたら是非ともそれを伝えに、「あ〜く」へ帰ってきてください。


 

適切な指導を即座に提供してくれて成績向上に繋がりました!
灘高校卒業 K君 京都府立医科大学 医学部 合格

英語の成績が伸び悩んでいたころ、知り合いの紹介で「あ〜く」を訪れました。
最初は文法と英単語に不安があったので、シス単を3章までと文法問題集を一通り終え、次に岡田先生オリジナルの「英語ハイレベルテストゼミ」をしました。

こちらが勝手に先取り学習を要求しても、それに見合う適切な指導を即座に提供してくれたことが成績向上に繋がりました。

また、高校2年生のとき予備校に行くことになり、一度「あ〜く」を辞めたのですが、志望校対策として英作文の点数を上げなければならなくなり、突然伺って添削をお願いしても快く引き受けてもらえました。
受験本番では得意な数学が思ったほど点数が取れませんでしたが、本当に良かったと思っています。

 

先生からのメッセージ

とにかく彼は集中力がすごかった。英作文の構成を思案するときの表情は、海底100mに向かう素潜りダイバーのように研ぎ澄まされていた。ときに、そのことで英作文があらぬ方向に向かい、結果はさんざんになることもあったが。それも彼の長所の1つだ。

また彼は常にルーズリーフに数学の問題を解いていた。終わるとそのままゴミ箱に捨てる。
「何で持って帰らないの?」って聞くと、「解けたのでもう必要ないです」と答えてくれた。
得意科目はこうでなければと思わせてくれた思い出の一つである。
本当に、合格おめでとう!


 

適切な指導を即座に提供してくれて成績向上に繋がりました!
帝塚山高校卒業 N君 大阪教育大学 教育学部 合格

僕の入塾のきっかけは、中学に入ってから数学が大の苦手になったからでした。
中学生の間は何とかこの塾のおかげで勉強はついていけましたが、高校生で理系選択、数Vも加わるとなかなか思うように成績が伸びず、僕はとても悩みました。

元々数学の理解が遅く、そこれが嫌で学校の先生にもあまり質問が出来なかったのですが、塾だとなんの恥じらいもなく質問できて、それを先生が理解できるまで丁寧に教えて下さいました。
これは1対1だったことももちろんですが、塾のアットホームな雰囲気と信頼できる先生だったからこそだと思います。

こうして、高3の入試まで教えていただき、何とか志望していた大学の理系学部に現役合格することができました。ここで先生に数学を教えていただいて本当に良かったです。あ〜くの方々、そして中川先生長い間お世話になりました。ありがとうございました。

 

先生からのメッセージ

合格発表の日の笑顔が何とも言えず美しかった。満面の笑みとはこれだと言わしめた。それまでに大学合格1つだけ手にしてはいたが、思うような結果にはなっていなかった。

だからこそ、漸く勝ち得た合格に渾身の喜びで自らを祝っていたのだろう。この合格を通して自分への自信がついたと思う。これを糧に次の人生でも大きな笑顔を咲かせてほしい。心からおめでとうと言ってあげたいです。


個別指導の学習塾『教育工房あ〜く』ホームトップへ